叶内一彰のようライターの仕事について

ライターとは

「ライター」ってなんとなくよく聞く職業ですが、かなり種類が多く幅広い職業です。
何を書くかによって、呼び方も変わりますが主に、
雑誌、書籍、web、フリーペーパーなどに掲載する記事を書くことが仕事です。
どのライターにも共通して言えるのは、文章で対価を得てるという点で、現代では
webが普及したことによりライティング業務がかなり急増していることもあり、紙媒体以外にもかなりの需要がある。

ライターの種類

・取材ライター
取材を行ない、そこで得た情報を原稿にまとめていく仕事。
ライティングはスキルはもちろん、ヒアリング能力やコミュニケーショん能力等、
取材で必要となる能力を身に着けていなければなりません。

・専門ライター
フード、音楽、美容、金融、医療等、その他多数あるが、自分の得意分野を専門としているライターのこと。
その分野ににおいて、大緯線で活躍するためにその分野においては、誰にも負けないレベルの知識が求められる。
専門分野がどれほどニッチであるかによって、需要が大幅に変わってくる。

・コピーライター
クライアントの依頼に基づいて、広告の言葉の部分を考える仕事。
短い文でありながら魅力を完璧に伝えるこtが出来るキャッチコピーと、詳細を説明できるやや長めのボディコピーを作成する。
空いてに刺さるような広告文が求められるため、文章能よりも発想力や想像力が求められる。

・ルポライター
現代社会における、社会的問題をを題材にして、取材を行ない記事にまとめる仕事。
客観的な意見をありのままの事実で詳細を書くことが求められる。
出版社や、新聞社から仕事を依頼されるケースや、自らテーマを見つけ、取材後に売り込みをかけて仕事を貰うケースがある。

・シナリオライター
映画やドラマまたは部隊のストーリー展開やセリフをシナリオとして書き上げるライターのこと。
脚本家とも言われて、作品の明暗を分ける土台を作成する仕事である。
ドラマ以外のテレビ番組の台本を書くのは構成作家または放送作家やディレクターの仕事になるためまた少し違う。

ライターとして必要なこと

「何を言うか」を決めるコンセプトづくりはとても大切なことです。
市場を見極めて、商品を明確に分析・ターゲット想定、そして訴求ポイントをいかに絞りこめるかが重要となります。
コンセプトが決まったら、「どういうか」が大切になってきます。
消費者が「商品を買う」という行動に至るよう、覚えやすくかつ説得力のある言い方を考えなければなりません。
新鮮で斬新で、オリジナリティにあふれる想像力豊な表現方法でなければ消費者の目には残りません。。

  • 最終更新:2018-03-15 17:16:33

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード