叶内一彰

叶内一彰プロフィール

叶内一彰は、「書く天才」と言われ話題となったフリーライターであり、
一躍話題の人となったが、基本自由なライフスタイルが特徴でメディアにも一切出演しない。
詳しい活動状況などの素性は明かでなく、最新情報を得るのはなかなか難しいと言われている。
キャッチコピーなどの短文から、他分野においての記事も執筆していて、幅広い年齢層から支持を得ていることは確かである。

概要

名前:叶内 一彰(かなうちかずあき)
生年月日:1981年3月14日
星座:魚座
出身地:長野県松本市
身長:178センチ
血液型:A型
職業:フリーライター
趣味:1人旅、ギター
座右の銘:今日は昨日の明日

沿革

叶内一彰は、長野県松本市に生まれ、両親の元で兄とすくすく育った。
長野の田舎で生活していたため、やることといえば学校の友達と空き地で野球やサッカーをするだけ。
そんな日々に飽きた叶内一彰は、道端を歩いていると大きな看板のキャッチコピーをみつけ、一瞬で心を奪われたという。
そこから、自分でみたものや景色にたいして、キャッチコピーをつけるようになった。
作成したキャッチコピーを家族や友達に疲労しては、感想を事細かに聞き、メモを取り、ノートまで作成していた。
住んでいた地区の小さな会社でキャッチコピーを募集していて、叶内一彰は自分がどれだけのセンスがあるのかためすため、応募した。
見事当選し、旅行券をもらった叶内一彰は初めて東京に旅にでた。
立ち並ぶビルや大きな看板に圧倒されながらも、見切れないほどのキャッチコピーをみてとにかくメモを取り、写真に収めた。
長野に戻ってからも、日々キャッチコピーを書いては周囲の人に感想を聞くということを繰り返した。
中学生の時に家にパソコンが来てからは、文章を書くことも始めた。
その日テレビで見たニュースなどを、書き起こすことから始まり、次第に誰かに見せるような記事も書き始めた。
そこからブログというものを始め、毎日更新するようになり、学校でかなりの評判となった。
高校生になった叶内一彰は、ライター部を創設し、部長として活躍した。個人的に運営していたブログはどんどん人気になり、
PV数がみるみるうちに上がっていった。当時の叶内一彰は、それで満足だったが、大学入学と同時に東京に上京。
東京で大学生活を送っているうちに、友人からアフェリエイトというのを教えてもらい、ブログに広告を貼り始めた。
大学2年にして、月30万程の広告収入が入るようになり、そこから一層ライターとしての腕を磨いていった。
就職活動では、これまでのアフェリエイト経験などから受けた会社全ての内定をもらい、給与にこだわりがなかった叶内一彰は、
ユーモア溢れるベンチャー企業に入社した。ライティング部に配属され、主に、会社が運営するメディアのライターとして仕事をした。
叶内一彰がライターとなってから、そのサイトからの広告収入は、月200万程になった。
その功績が認められ、入社半年で異例の課長に昇進。部長からもかなり可愛がられ、ライターの集まりなどにもたくさん参加した。
そこで、2年働いたが物足りなさを感じ始め、退職。
ライターとしての腕を磨くだけでなく、サイト制作の勉強もするため、日本各地転勤や出張のある制作会社に転職。
社内ではサイト制作の勉強をしながら、各地に出張していろいろな刺激を受けたいという希望が通ったのは、
その会社でも叶内一彰が運営担当となったサイトからの収入が月々200万を超えていたからである。
国内各地を飛び回るようになった叶内は、山の中や田舎にこもったり、いろいろな環境を経験し、人間的にもかなり成長した。
サイト制作についても一通り学び、3年で会社を退職。そこからフリーライターとして活動しはじめた。

フリーライター叶内一彰

フリーライターとして活躍しはじめた叶内一彰は、あくまで自由なライフスタイル、ワークスタイルを崩さなかった。
大手企業から、有名なライター事務所からもオファーが来たがどこにも属さず、一人で活動していた。
ブログ運営は継続し、自分で作成したサイトにも広告を貼り、それだけでかなりの収入を得ていた。
そのほかにも、日本各地を旅しながら、友人を介して紹介された仕事や、ライティングの仕事を引き受けて仕事をしている。
各地を旅するのには理由があり、「毎日同じ日々ではつまらない、365日違った刺激がほしい」という気持ちがいまだにライフスタイルに活かされている。
叶内一彰は、友人を介してか、自分が気になった案件しかとらないため、アポはもちろんコンタクトを取るだけでもかなり難しいと言われている。

口コミ

叶内一彰さんの記事とっても好きです。人を引き付ける力があって、魅了されます。
初めて読んだ記事が、すごい長い記事で、長いな~って思いながら読み始めたらあっという間に読み終わりました。
読書もできない私が、初めて毎日好んで読んでいるのが叶内一彰さんのブログで、もう何年もずっと読んでいます。
前職の会社で、商品のキャッチコピーを叶内さんにお願いしたことがありました。
もう、みんなすごく気に入ってすごく話題になって、その商品も爆発的に売れました。私はお会いしたことはないんですけど、そっからすごいファンで、大好きです。これからも応援してます。
叶内さんとはずっと同じ部署で仕事をしてました!生地を同時に書き始めても、叶内さんはどんどん文章が浮かんでくるらしく、私よりも何倍も早い時間で何百倍も良い記事を作っていました。すごく尊敬していたので、転職してしまったときはすごく寂しかったけど、今でもブログを見てるのでいつも応援しています。
叶内さんて、結構有名な方なんですね!
私はもともと叶内さんと同じ会社で働いていて、部署は違ったんですけど、あの人はすごいっていう噂をよく聞きました。転職先で、ライターの部署に配属になってんですけど、部長が私の履歴書を見たときに、え、この会社叶内さんがいた会社でしょ?一緒に働いてたの?ってすごい嬉しそうに聞いてきて、びっくりしました。
叶内はボキャブラリーが豊富で昔から一緒にいるとすごい学べることが多かったような。
本当に頭がよくて賢い人です!でもかたっ苦しくなく、いいやつだからめずらしいよな~
叶内とは一緒にいると笑が絶えないようなそんな調子のいいやつですね。笑
叶内さんてどんな人なんですか?興味あり。教えてくさい!
叶内さんは、すごく人柄が見える優しくて愉快な方っていう印象が私にはありますね。
一緒に仕事してて、何かアドバイス貰う時も嫌な気はまったくしないです。
ライターってピンキリだから、叶内さんてほんとにすごいですね。
今時、文章書けば誰でもライターっていう時代ですもんね。
叶内一彰さんくらい、ライターの腕磨くのっで、どういう道進んだらいいのかなぁ~
ライターって専門学校とかあるの??
ライターの専門というかま、ああるといえばあるけど、どちらかというと、小説を書くとか記者とかそういう関係の学校が多い気がします。
今はwebライターが一番多いですよね?叶内さんもそうですけど、今はほとんどwebで情報を得ている自体だからそですよね。
webライターって、webに乗せる情報を書く人のことをいうので、ほとんどがwebライターなのではないでしょうか?
そのほかだと、雑誌とか週刊誌とかですかね?
叶内さんの大ファンです!!!!!!!!!!!
叶内さんは本当に文章の言い回しが上手だし、何より知識豊富で引き出しが多いし、すごい。。。
叶内さん仕事のスキルもだけど、ヒューマンスキル高いよね!
ライターってすごいユーモアな人が多い気がする!
確かにライターはユーモアあふれる人多いよね!でもそのほうが面白い記事書けそう!
ライターってたくさんいますけど、ライターの線引きってどこですか?自称ライターもあり??
ライターは自称のほうが多いんじゃないですか?文字を書いている人はライターって言いますよね。
自分がライターを目指すにあたって、一番努力したことは経験する事ですかね!
人は経験した事、そこから想像できる範囲でしか書けないと思うので、とにかくたくさんの経験をしました。
ライター関係なく、人生経験は豊富な方が素敵な人間になれるんじゃないかなぁ。

  • 最終更新:2018-10-17 12:29:33

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード